So-net無料ブログ作成

6月公開、『西の魔女が死んだ』 [教養・カルチャー]

今年6月に公開される映画『西の魔女が死んだ』の試写会に行ってきました。
『西の魔女が死んだ』の原作は、梨木香歩のベストセラー&ロングセラー小説。
昔読んだことがあるという人もいるのでは?

主人公のまいは、中学1年生。
中学に入ってすぐ登校拒否になってしまったまいは、初夏の1か月を
おばあちゃんの家で過ごすことになります。

おばあちゃんは、若い頃イギリスから英語教師としてたったひとりで来日し、
同じ学校の教師だったおじいちゃんと結婚。
ハーフとして産まれたことで、まいのお母さんはいろいろと大変なこともあった
ようなのですが、今はバリバリ仕事をするキャリアウーマン。
母の存在は「それに引き替え私は…」とまいに思わせる原因のひとつにも
なっています。

おばあちゃんは、中学1年生のまいを自分と対等の存在として扱います。
そして、自分は魔女だという告白をするのです。
おばあちゃんの言う魔女とは「自分で自分のことを決断できる人」のこと。
そしてそのためには、規則正しい生活が何より大事だと言います。
そんなことが本当に必要なのかと思いつつも、まいはおばあちゃんの
指導のもと、魔女修行を始めるのですが…。


01.jpg
© 2008「西の魔女が死んだ」製作委員会

おばあちゃんの住む家が、日本の田舎をちゃんと感じさせるものでありながら、
どこか夢の中のような、見たことのない異国のような、なんともいえない雰囲気を
醸し出しています。

そして、おばあちゃんがまいに教えてくれる、「ていねいに暮らす毎日」。
掃除、洗濯、料理、それぞれにおばあちゃんならではの作法と工夫があり、
何といっても、おばあちゃんが作る食べ物のおいしそうなことと言ったら!


02.jpg
© 2008「西の魔女が死んだ」製作委員会

ふわふわとファンタジックな要素で固められた映画では決してなく、
感受性の強いまいが感じ取るさまざまな思いと疎外感、映画全体を彩る
死のイメージ。

まいが感じる思いは、思春期ほどの敏感さは失われているといっても、
オトナになった私たちにも共通のもの。
だからこそ、おばあちゃんのひとことひとことが胸に響きます。


有名スターがさくたん出ているわけではない、大がかりな仕掛けがあるわけでもない。
でも、だからこそこの作品に出会えた人の心に、きっと何かを残してくれるはず。
特に、ちょっとお疲れ気味の人におすすめです!



こどもの頃日本に10年住んでいたという、おばあちゃん役のサチ・パーカーが
ゆったりと話す日本語は、とてもエレガント。
自分の話し言葉を振り返ると、ちょっとがっくりしてしまいました。



■『西の魔女が死んだ』
原作:梨木香歩
監督:長崎俊一
出演:サチ・パーカー 高橋真悠 りょう 大森南朋 高橋克実 木村祐一
6月、恵比寿ガーデンシネマ、シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか、全国一斉ロードショー
http://nishimajo.com/



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。