So-net無料ブログ作成

都会派『スパ』が今ブームです! [癒し]

3月23日にオープンした『スパリッシェ 芝浦アイランド』。
最先端の施設でありながら、気軽に通える「デイスパ(*)」ならではの
魅力が、注目を浴びています。

「ホテル併設のスパはお高いし、なかなか通えない…。」
そんな方にはぴったりかもしれません。

例えば写真のハイドロジェットセラピーは20分で6,000円。

巷のマッサージ屋に比べると少し割高では!?と思ったあなた、
ノンノン!!スパの良いところは予約時間の30分前にお店に入れる事。
バスローブに着替えたら、美味しいフルーツや野菜スティックを
いただきながら、施術までゆったりとした時間を過ごせます。

ちなみに、『スパリッシェ 芝浦アイランド』の野菜はオーガニック野菜。
これが本当に美味しい!(もちろん無料)

こんな優雅な時間も含めてのお値段であれば、
月に1度くらいは通うのもアリ、だと思いませんか?
カラダのストレスにはもちろん、心のストレスにもオススメです。

そして、もう1つ見逃せない魅力は「スパパーティー」ができること!
日本ではまだあまり馴染みがありませんが、
アメリカのセレブの間では数年前から流行しているパーティースタイル。
要はスパを貸切ってホームパーティーを開くイメージですが、
仲良し女子とおしゃべりをしながら、トリートメント施術を受けることが
できるなんて最高ですよね。
お誕生日、母の日、同窓会などスペシャルな日に使ってみてはいかが?

DATA
『スパリッシェ 芝浦アイランド』
〒108-0023 東京都港区芝浦 4-22-2 エアテラス2F
Tel:03-5730-1581/ Fax:03-5730-1582
www.spariche.jp/ E-mail:info@spariche.jp

営業時間:11:00~22:00 (火曜日を除く)
定休日:毎週火曜日
サービス内容:ハイドロセラピー、ボディセラピー、
ボディトリートメント、スキンケア、ワックス脱毛、
ハンド&フットケア、スパパンパーコース、
スパリッシェ・オリジナルパッケージ、スパパーティー

*デイスパ・・・
滞在型のスパに対して、半日~短時間で利用できるスパ。
ショッピングや仕事の合間に気軽に通えるリラクゼーションスポットとして
アメリカをはじめ、日本でも都市部を中心に人気を集めている。


2007-04-02 18:07  nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

今話題のアロマ  [癒し]

LAのファーストレディやハリウッドセレブたちに今もっとも注目されていて、

人気モデルの押切もえちゃんもオススメしているのが、

「ミレナーズ」のアロマキャンドル!

極上の香りを楽しめて癒し効果絶大です。

香りを楽しむだけでなく、温まって溶けたキャンドルが、

そのままボディオイルとしても使用できます。

就寝前にキャンドルの火を消して、香りの余韻にひたりながらボディにつけ、

香りに包まれながら眠る極上の癒しはぜひ1度試してみたいですね。

 

 

ミレナーズブティックジャパン

http://milenasboutique.co.jp/top.html



あったかくてぬくぬく。寒い冬対策・第1弾。 [癒し]

ピンクとグレイのボーダーに惹かれて買っちゃいました。

フリースのロングソックス。

¥590 @ユニクロ。

立体裁断でほどよいフィット感。あったかくて、

ぬくぬくです。

お家ウエアとして大活躍してます。

あとは、あったかいコーヒーがあれば、

寒い冬も乗り切れるかな・・・!?

 

ユニクロ

http://store.uniqlo.com/L4/getitem.asp?hdnItemMngCD=g66024&hdnSize=003&hdnLength=-&hdnBasket=0&hdnTime=B51ZTEZUBGY&hdnColor=11



ナチュラルロハスライフ [癒し]

今週はお天気がしばらく続くみたいですね。

昼間は暑いくらいですが、湿気った感じがないので爽やかです。

せっかくのお天気、みなさん週末は何かご予定ありますか?

編集部おすすめの過ごし方は、自然にふれられるガーデニングやウォーキング。

体や心をリフレッシュさせることは、美容にもよ~く効きます

下記ページに編集部の二人の体験談が載ってます。

良かったらチェックしてみてくださいね~!

☆Beautyナチュラルライフ

 



今年注目の癒しスポット「森」! [癒し]

森林浴や森林療法など、森のリラックス効果に最近注目が集まっています。

そんな中、今月号のRelaxでは、「森」を特集しています。

人間社会が都市化する以前、遠い昔に人々は森に暮らし、
森から多くの恵みを得てきました。
いっぽうで現在も森から多くのインスピレーションを得ている
クリエイターたちもいます。ミュージシャン、デザイナー、建築家、
作家などなど、実際に森の自然の中で作品づくりをする人もいれば、
森のオーガニックな自然サイクルを取れ入れて建築物を創る人、
こころの中にある故郷や原風景を現代的なデザインやプロダクツに
生かしている人もいます。

森は恵みの力、癒しの力だけでなく、創造する力も与えてくれるの
かもしれませんね。
今年は森林からパワーをもらってみてはどうでしょうか?

【雑誌名】 『Relax』 (マガジンハウス 2006年5月6日発売号)
【特集】   BORN IN THE FOREST...
          森が生むもの創るもの。



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。